北海道ぴかリンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016’9月 利尻島へ(その1)

<<   作成日時 : 2017/04/01 11:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

かねてからあこがれていた利尻山に登って見よう、と計画を立てて9月中旬フェりーターミナルにほど近い道の駅で車中泊し翌日朝一番のフェりーで稚内から利尻島へ徒歩で乗船。  事前に予約してあった民宿へ荷物を置きに行き挨拶すると、おかみさんが「おんぼろだけど良かったら、自転車を使って。ブレーキは大丈夫だから。」と普段使用していない自転車を貸していただけることになりました。
温泉が好き、という話をしたら、利尻富士温泉と沓形のホテルにも温泉があるから行ってみると良いよ、と教えてもらったので早速沓形にある「ホテル利尻」へ…曇りのお天気で無風なので快調に自転車をこぎ、ちょうどお昼にホテルへ到着。

画像




立派な建物ですね、館内もきれいに清掃されていて休憩所もあります。

画像


画像



はやる気持ちを抑えつつ浴場へ。ですが入浴客がいたので浴室内は撮影できません。
ホテル内の温泉「利尻ふれあい温泉」に入浴しました。思いのほかとっても良い湯で、びっくり。 利尻ふれあい温泉についての掲示板と温泉分析書を読んで納得。

画像


画像



高濃度炭酸泉、ですか。どおりでパワーが感じられる湯です、塩素消毒していますがさほど臭いを感じず、この湯に浸かってよかった、と思いました。1時間以上お湯を楽しみ、13:40分にホテルを出て鴛泊へ向かい、街を通り過ぎ、姫沼へ行ってみました。午後15:30分頃、駐車場がある「姫沼園地」に車を停め、歩いてすぐに姫沼があります。 とても静かで、一周できるコースがついています。

画像



ゆっくり歩いて散策し 戻り、ログハウスがあるので中にお邪魔し、写真撮影パネルなどを観せていただきました。それから鴛泊に戻る途中にあった、「利尻島長寿の泉」という湧水をペットボトルに汲み喉を潤しました、おいしい柔らかい水。

画像



それから利尻富士温泉に向かい、午後17:05分頃到着し、入浴しました。

画像


画像


画像


画像


画像



時間的に入浴客がいなくて、ゆっくり浸かりました。こちらの温泉は含硫黄・ナトリウム塩化物泉…だったかな?ほんのりつるつるするお湯でした。 それから民宿に戻り、翌日の利尻山登山の支度を整えました。その2に続く。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016’9月 利尻島へ(その1) 北海道ぴかリンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる