北海道ぴかリンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018’8月 利尻・礼文 周遊の旅 利尻編B

<<   作成日時 : 2018/08/31 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

利尻島を周遊した後は、温泉へ。利尻島には3か所、温泉施設があり、このうち2か所へ行ってみました。
まずは、利尻富士温泉へ。 この温泉施設は利尻山登山口へ向かう途中にあり、足湯や温泉プールが併設されています。

画像


画像


画像


画像



足湯は利尻富士温泉の湯元から引き湯していて、画像の湯温は湯口からのものですが、足湯湯船内の湯温は少しぬるく33℃でした。
それから温泉施設へ行きました、登山客や地元民が浸かりに来ています。

画像



券売機で入浴券を購入し、受付に出します。

画像



広い休憩処が良いですね。

画像



画像



画像



内湯船です。うぐいす色の温泉が良い感じですが・・塩素消毒臭がしています。登山客が多いので仕方ないのでしょう。

画像



露天風呂へ出てみます。

画像



微白濁の良い湯で 目隠しがありますが解放感はありますね。 利尻富士温泉の内湯、露天、足湯に浸かりましたが、足湯が一番良い湯?だった。  脱衣所に掲示された温泉分析書です。

画像


画像



源泉湯温が40℃、ということは加温供給ですね。 もしかして‥足湯が源泉まんまを出しているのかなあ??
さて、さっぱりしたところで、利尻ふれあい温泉へ行ってみます。
こちらは沓形地区にある、ホテル利尻に併設されている、「天然温泉利尻ふれあい温泉」です。ホテルの横から回り込み、裏口にある日帰り専用入口へ。

画像


画像


画像



こちらは入り口は小さいのですが、中に入ると休憩処が広く、ゆったりできます。

画像



こちらも券売機で入浴券を購入し受付に出す方式でした。さっそく・・・

画像



女湯の内湯船です。

画像



露天風呂へ出てみると…

画像


おおお〜〜〜、笹濁り色のお湯! すべすべ・・・・・ 湯口からの堆積が良いですね〜〜。

画像


画像



脱衣所に掲示された温泉分析書をみてみると・・・

画像


画像



こちらも加温・塩素消毒供給なのですが、塩素臭は全く感じられず、つるすべの良い湯を堪能できました。
なお、鬼脇地区にある、総合交流促進施設「北のしーま」には浸かりに行きませんでした…。
さて、まったりできたことだし、次へ移動します。  湧水場所へ立ち寄り、水を少し味見して、それからお土産屋に立ち寄り、生ウニを食べました・・・

画像


画像



画像


画像



この生ウニ、汁椀と比べると判るのですが・・・皿は試食用の小さい皿。利尻昆布汁とホッケのすり身団子がついて なんと1200円!!しかも4切れ?? おお〜〜〜。 長生き できるかな。爆
でもこの場所で採れたウニを食べて 二日後に、そのおいしさに気が付くのでした。それからキャンプ場へ戻りました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018’8月 利尻・礼文 周遊の旅 利尻編B 北海道ぴかリンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる