北海道ぴかリンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018’10月 塘路・遺跡の湯と庶路炭鉱の湯(冷泉)

<<   作成日時 : 2018/10/20 20:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

☆と お友達になってくださっている、エアブロののんさんから頂いた情報〜塘路湖の遺跡の湯と、探索をご一緒させていただいた庶路炭鉱の湯をアップします。
まず、塘路湖のミュージアムセンター一帯にある遊歩道のなかに、遺跡である、先住民の住居が復元され、展示してあります。そのすぐ横に90センチメートル内径位のヒューム管があり、冷たい水がドバドバでています。

画像


画像



このあたりは、なぜかほんのり、硫黄臭?がします、が この水?は 温泉の成分的な数値に達しているかどうかは、定かではありません。 どれどれ、温度は?

画像



冷泉、でしょうか、手湯をしてみると さらさら感です。

画像



手前の掲示板には「この水は飲めません」と書いてありました。  ヒューム管に・・・正装で浸かるとしびれちゃうかもです。 さて チョイとほかの場所に移動し、別の探索をしたのですが、その記事はのちほど。
そのあと、のんさんと合流し、庶路炭鉱跡を探索しました。
たくさん遺構が点在していてとても楽しかった。 坑口も見つけたのに、水が坑口のすぐ下まで溜まっていて、坑口内探索はできない状態でした。

画像



帰路で、興味深い水?発見〜〜

画像



茶色のさびさび管から水がでていて、下の小川に落ち込んでいます。 落ち込み部分が以上に赤い。
しかも、溜まっている部分が少し白濁?しているようにみえました。 さびさび管の口がオレンジ堆積で すごいことになっているようでした。

画像



タイムオーバーで 泉温や触ることまではできなかったので、次回の宿題?です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018’10月 塘路・遺跡の湯と庶路炭鉱の湯(冷泉) 北海道ぴかリンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる