北海道ぴかリンのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016’7月 雨竜町 雨竜沼湿原・南暑寒岳

<<   作成日時 : 2017/03/20 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

暑寒別岳に登ってみたくなり 夏山ガイドを開いてみると、雨竜沼湿原が魅力的とのことで 雨竜町から車で雨竜沼湿原ゲートパークへ向かい、駐車場で車中泊。7月中旬ということもあり駐車場に車が数台あり、キャンプサイトにはテントも3張りほどありました。 今回はまず南暑寒岳を目指し暑寒別岳ピークを踏み、帰路で雨竜沼湿原を楽しもう、という計画。
当日お天気は曇り。 身支度を整え午前6:40分頃、駐車場を出発しましたが、南暑寒荘で入山届けを書いて係りの人とお話しているとすっかり出発が遅れてしまいました。というのも、今が見ごろの雨竜沼湿原だよ、と教えてくださったからです。それに夏山ガイドには南暑寒岳から暑寒別岳を往復するのに3時間必要、とのことで・・・今回は南暑寒岳と雨竜沼湿原を楽しむことに計画変更しました。

画像



南暑寒荘を出発してすぐに、雨で崩れた登山道を修復中のところ。

画像



「渓谷第一吊り橋」を午前6:57分頃通過し、雨竜沼湿原入口看板がある場所に午前7:10分頃通過。

画像



「白竜の滝」を過ぎて「渓谷第二吊り橋」へは7:17分頃。

画像



画像



「靴底洗い場」という場所に着きました、8:13分頃。ここで登山靴の底を洗い、在来種を湿原の中に落とさぬように、配慮しています。

画像



画像



この場所に来るまでにもたくさん、花や山草が咲いていましたよ。

画像


画像


画像


画像


画像



靴底洗い場からは木道がついていて、木道の脇や湿原に花が咲き乱れ、さながら天国の木道のよう。

画像


画像


画像


画像



すっかり足止め状態。曇り空にガスがかかり、遠くに登山する人が木道を歩いていなければ本当に現実離れした景観です。ゆっくり歩いて・・・・道標がありました、8:50分頃。

画像



あらら〜〜、南暑寒岳まで3.3キロもあるんですか、これは少しペースを上げないと!
「展望台」看板を9:05分頃通過し少しずつ傾斜道になります、と…お??これはすごい、自然が作った芸術か?いきなり現れた「鳳凰」。頭の上には草の冠?がついていて、木のアートです。

画像



倒れて横になっている「七合目」看板に9:30分通過。その先も花が咲いていて、頑張って、と言っているよう。

画像


画像


画像


画像



南暑寒岳ピーク(1296メートル)に午前10:35分頃到着しました。ガスがかかり展望がきかない頂上です。

画像



ここから暑寒別岳往復3時間…天気が良ければ向かうところですが、今回は夕方から雨の予報なので 水分補給と休憩を取り 引き返します。 下山途中、展望台に寄って見ることにします。午後12:20分頃。

画像



なんだかあまり展望が良くないですね〜〜。汗  白竜の滝にも寄りました、この滝は別ルートで20分ほど下りると、下から滝を見上げるポイントがある、ということですが足が疲れてしまい、上がって戻る元気が残っていなくて、先に進み、南暑寒荘に午後14:50分頃到着しました。今度は増毛町から暑寒岳を目指したいです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雨竜沼湿原は気持ちよくて私もお気に入りな所です♪(*≧∀≦*)虻が多いので虫除け必須ですけど(^-^;南暑寒から暑寒別は近そうに見えて結構大変ですよ〜(;^_^A
はすかっぷ
2017/03/27 00:00
>はすかっぷさん
こんにちは〜! 雨竜沼湿原は7月中旬くらいと9月下旬くらいが良い、と南暑寒荘の管理人さんが言ってました。 この時は登山中は蚊に襲われなかったんですが、駐車場に戻り身支度を解くとき集中攻撃で、慌てて片付け車を発進、帰宅後ポール(ストック)を積み忘れたことに気が付いた…。
コメントをありがとうございます。

2017/03/31 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016’7月 雨竜町 雨竜沼湿原・南暑寒岳 北海道ぴかリンのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる